オートバイとスポルティーフと模型道楽2

自転車旅行と美味しいものが好き!

カテゴリ: ミニベロ峠ポタ

P1030013
本日はkemuさんあきぼーさんと共に峠初め&地道初めで青梅へ
青梅駅から吉野街道、大入林道へと。

P1030019

大入林道は北側なのでちょっと寒いですな。
前日新幹線5時間のkemuさんは腰痛い~~!と
河っちの腰痛は走っている間は平気でしたが
帰りの電車はちょっとキテました

P1030021
大入林道は昨年の台風のせいでかなり崩落してました

P1030031

P1030041

ここが一番ひどかったかなー

P1030045

このまま廃道化でせうかねぇ・・・



P1030055

のんびり走って12時前に梅ノ木峠(2回目)に到着
火器に火を入れ暫しランチタイム

P1030065

電線が邪魔ですがええ眺め

P1030069

梅ノ木峠から梅ノ木林道へ
梅ノ木林道は走りやすいWTですな。

P1030077

久しぶりの地道はええネ~!

P1030081

お二人もお楽しみ中


・・・んが、この先で大転倒!
顔面制動で初血の出でしたワイ!

P1030085

☝ゴム管に前輪が突っかかって顔面ダイブでした
ゴム管があるのは分かってました。
前輪を持ち上げて乗り越えたつもりだったんですが・・・。
ゴム管に引っかかって乗り越えられずジャックナイフ
歳取ると湯呑を置こうとして何かにぶつけたり・・・
意識と筋肉の動きに乖離が生じますよねぇ。
そんな感じだったのかも~
スピードも出てたしなぁ・・・


P1030087

むさい顔晒してますが河っちだす
血を拭いた後なので出血は少なめですが直後は結構な量が・・・
歯が折れて鼻の骨が逝ったかーと思いましたが大丈夫でした
ですが擦過傷口元を裂傷してました。
血まみれ~~~
家に帰ったら顔が二倍くらいに膨らんでましたよぅ

ミニベロの弱点が露見しましたなー
気を付けてたんだけどネ。

こんなに激しい転倒は久しぶりじゃったワイ
カメラのストラップが切れて、眼鏡が壊れちゃいました

あきぼーさん 
いろいろ手助けしていただきありがとーござりました



P1030089
めげずに走って梅ノ木林道途中の肝要峠到着!

P1030093
梅ケ谷峠(2回目)を越えて青梅駅へ。
2時4分の中央特快で早帰りでした



皆さまも気を付けませう!
楽しかったけどネ~~~!



kemuさんあきぼーさん
お疲れさま & ありがとーござりました!



走行31.06キロ(御茶ノ水駅からの自走含む) 積算1469.7キロ




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
ポチッとしていただけると嬉しいです







PB040021

3.4日と三国峠を計画していたが、台風19号により通行止めに。
仕切り直して青梅の小峠山サイに出掛けて来た。
降水確率が巡るましく変わり3日は断念。
4日の今日、好天の暖かな中、山サイで汗を掻いて来た。

PB040031

道行きの相棒はkemuさんとあきぼーさん。
気心知れた輪友である。

PB040023

二ツ塚峠から菅生丘陵を満地峠方面へ下り基調で進む。

PB040037

軽めの山サイ。kemuさんも河っちもBROMPUTON。
無理はしないし、そこそこ走る。BROで十分こなせる。

PB040039

あきぼーさんは何時ものパスハンター。
パスハンターの方が走りは良いのは当然だが、うちのパスハンターは休業中だ。
本格的?な山サイならパスハンターだが、山ポタ程度ならBROでも十分愉しい。
お気楽さにおいて数枚上手なのだ。

PB040043

菅生丘陵はなかなかのコースだった。お気に入りになったな。
MTBの方々も走っていたが、MTBでは物足りないのでは・・・そう思った。

PB040047

前日に雨
湿り気のある大気を吸い込んで
押したり乗ったり
語らい合いながら
同じ時を過ごす

ああ、生き返るなぁ・・・
そう呟いていた

低山の中に身を置いて
汗をこれでもかと掻く
日々の暮らしの中で
知らず知らずに溜まってしまった毒を
汗と共に流し
お山の気を全身で受け止める

そして、精神が昇華して往く



PB040002
二ツ塚峠から山中へ

PB040010

気持ちの良いSTが続く・・・下り基調が嬉しい

PB040016

倉戸山

PB040060
第五機動隊のモニュメント

PB040066
六機のモニュメント

PB040085

PB040087
古満地峠

PB040089

旧満地峠


PB040112

旧満地峠にある道標
道標に従って満地峠へ向かってきた。
満地峠は左だと思い下ってみたが・・・

PB040094

ゴツ石と雨裂の道が暫く続きやがて林道へ。
林道はR411滝山街道に接続。
満地峠は何処に?
林道は旧々滝山街道のようです。

PB040098

R411新満地トンネルは車専用のため旧満地トンネル(旧滝山街道)へ。

PB040100
旧満地トンネルから登山道へ満地峠を探索しに。
しかし、満地峠は見つからず・・・。
暫しハイキング。

PB040106
写真に地道が写っていますが
これが旧々滝山街道だと知ったのは後の話。
しかし、すぐ先で鉄パイプでバリケードされ
通行止めにされてました。

PB040108

その後、先ほど下って来た道に合流。
上の道標はこの坂の上にありました。
坂の上まで登り国道411号線方面へ。

PB040118

宗教団体の脇を通ってR411へ。
満地峠は何処に?

PB040120

地元の方に伺うと
旧々滝山街道の峠が満地峠とのこと。
ガタガタ道をバスが小作まで走っていたそうです。
今や旧々滝山街道の一部は宗教団体の敷地の中に。

下から4枚目の写真
旧々滝山街道のバリケードの先に満地峠が在るようです。
宗教団体が不法侵入防止のためにガードしたのでせうか?

その内に確認しに行ってみますかネ。
良いコースだし


kemuさん & あきぼーさん ありがとーござりました!



走行18.56キロ(御茶ノ水駅からの自走含む) 積算6141.1キロ




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
ポチッとしていただけると嬉しいです


P9140085
無理がたたり胸椎の痛みと右手に痺れが・・・。
自転車の前傾姿勢をとると胸椎に負荷が掛かり痛むように・・・。
今夏のツーリングは出羽路へと思っていたが諦めざるを得なかった。
連日整体院へ通い治療を重ね、痛みも随分と和らいで来た。
少しは良くなったかと試しに出掛けることに。

P9140019
森の中の林道を額に汗して走っていると、ああ来てよかったなぁ・・・とつくづく思う。
コンクリートに囲まれて暮らしていると大地や樹々と離れてしまう。
街から離れ、こうしてお山の中へ入ってみると
それが低山であってもこころと身体がリバランスされる。
五行のバランスがとても大切なんだなぁと実感するのだ。

P9140017
つくつくぼーしの鳴き声やせせらぎの瀬音、鳥たちの囀り
名残惜しそうに咲いているがくあじさいの可憐な花。
しっかりと根を張った樹々や下草の匂い、湿り気のある森の大気を胸一杯に吸い込む。
身体に食い込んでいた疲れが流す汗と共に少しづつ抜け落ちて往く。

P9140040
P9140048
峠からは徒歩で歩みを刻む。
P9140059
P9140066
低山ハイキングだけど眺めが良いなぁ・・・。
高所恐怖症だから登山はNG。これ位で十分だね。

P9140073
小さな車輪だけど意外と走るんだよ。

P9140087
パスハンターの方が楽しめるけどね。

P9140077
悲しい伝説の残る峠も。

P9140091
楽しかったなぁ。


P9140145
P9140123
走るばかりが能じゃないさ。
見分を広めるのも良いことだ。


ほんの数時間のサイクリングだったけれど内容が濃かったなぁ。
自転車旅行はやっぱり楽しいや。
また往こう!
今度は距離を伸ばしてさ。


kemuさん & あきぼーさん ありがとーござりました!



走行20.43キロ(御茶ノ水駅からの自走含む) 積算6096.0キロ




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
ポチッとしていただけると嬉しいです










26日の日曜日はミニベロ峠ポタに出かけて来ました

しか~~~し、暑い・・・暑すぎる・・・

暑いの何のって!・・・どーしましょ!って感じでした

まだ、暑さに身体が慣れてないのに急に暑くなったからねぇ





イメージ 1
デモンタくんで出撃! デモンタ輪行は楽チンじゃな


イメージ 2イメージ 3
上野駅7時2分発常磐線、水戸駅9時着 水戸駅9時23分発水郡線、野上原駅10時6分着
自転車乗ってなかったら一生降りなかっただろーネ。


イメージ 4
駅前の景色がこれだもんネ



イメージ 5イメージ 6
イメージ 7イメージ 8イメージ 43イメージ 9イメージ 42イメージ 10


イメージ 11
田園風景に癒される~


イメージ 14
気持ちええ~~!




イメージ 12
皆さまの愛車


イメージ 13
本日一つ目の峠、白谷峠到着!


イメージ 15
その後は名無し峠を幾つも越えて行きまする


イメージ 16
ザ!日本の田舎って風景じゃな


イメージ 17イメージ 18
イメージ 19イメージ 20
イメージ 21イメージ 22
風車の弥七の住居跡やお墓もあったよん



イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28



幾つもの小さき峠を越えて

山里から山里へ



耳を澄ませば

河鹿の声 

鶯の囀り

蛙の合唱

訪れる人も居ない

静かな旅路



何の変哲もない普段着の景色

時の流れの中

人と自然が共に育んできた

産土の世界



身近にあるけれど

失ってしまったら

なかなか元には戻らない

そんな世界を

美しい世界を

旅して来た





イメージ 29


イメージ 30


イメージ 31


イメージ 32



阿武隈や北関東の魅力は

この普段着の景色だなぁ・・・

信州も確かに良いけれど

観光の俗っぽさをどうしても意識してしまう



商売っ気がまるで無い

観光地じゃないからわざわざ足を運ぶ人も居ない

静かな景色

生活のままの景色

そんな風景に魅かれて出かけるんだね





イメージ 33


イメージ 34


イメージ 35


イメージ 36


イメージ 37


イメージ 38



棚田の風景が良いなぁ・・・

平場の少ない山間

ご先祖さまが額に汗して拓いたんだろうな

それを受け継ぎ未来へつなげて往くのかな



耕作放棄・・・

これもまた現実なんだろうね



まれ人は所詮傍観者に過ぎない

その土地に根差して暮らしている訳では無い

けれど

日の本の美しさを

子々孫々承継して行って欲しい

そう思うのだ





イメージ 39


イメージ 40






イメージ 41

kemuさん & グスティさん

ありがとーござりました!







暑かったので緩さ加減がちょーどえかったかも
満足感はあったなー








走行37.99キロ 積算1436.5キロ









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです






イメージ 1
なかなかの見晴らし~


 本日は輪友の皆さんと某所をハイキング&林道ツーリング

久しぶりのツーリングはやっぱええもんですな

汗かいてスッキリしましただ


皆さま ありがとーござりました!




イメージ 2
某山・・・うんせうんせ上る~~!


イメージ 3イメージ 4イメージ 5イメージ 6
花に癒されちゃうなー


イメージ 7
なかなか幻想的じゃったワイ


イメージ 8
40分ほどで頂上に到着! ひと汗かきました


イメージ 9
下に下りたらお昼じゃ  
お昼の後は某林道へ向かいまする。



イメージ 10
 途中に見事な枝垂れ桜


イメージ 11


イメージ 12
スゲー綺麗でしたよん!




イメージ 13
某林道・・・うんせうんせ押す~~!


イメージ 14
皆さんの愛車   バラバラなのが楽しいですな


イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
登りは脚に来るけど、地道を走るのはやっぱ楽し!


イメージ 18
某峠到着!


イメージ 19
某峠の先はナイスヴュー!  走って行くのはkemuさんじゃ

イメージ 20
天空回廊・E7道路っぽいぞ! 


イメージ 21
その先もナイスヴューが続きますだ

イメージ 22
なかなかええ林道じゃなぁ


イメージ 23
走るほどに山は深いのぉ


イメージ 24
ここが終点でした  一休みしたら戻りますか・・・。



イメージ 25
やっぱ、見惚れちゃいますな


イメージ 26

イメージ 27


イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30
ナイスな林道でした




負荷を掛けて

汗を流す

ジリジリと登り詰めたその先に

天空の回廊

銀輪に跨り 時を忘れに







イメージ 31
 夜桜見ながら帰宅







走行33.63キロ 積算1261.6キロ









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです



↑このページのトップヘ