オートバイとスポルティーフと模型道楽2

自転車旅行と美味しいものが好き!

カテゴリ: R・Nortonランドナー





奥武蔵自走160㎞したとき

帰り際、前輪がパンク

後輪は家まで1時間ほどの距離でスローパンク


前輪はチューブ交換しましたが

後輪は荒サイの暗闇の中だったので

ダマシダマシ帰りました



で、タイヤが届いたのでメンテしました





イメージ 1
パンクした前輪チューブを修理。
後輪に使いまする


イメージ 2
ダマシダマシ帰ったタイヤはサイドが痛んでしまいました
両方ともパセラ700×32C・オープンサイドだす。


イメージ 3
もうちょっと使えたんですけどネ


イメージ 4
後輪完成!



イメージ 5
スローパンクした後輪チューブは
リムテープとリムの段差で擦られたからのようです
700×35~38C用のチューブを使ってました。
最初に700×35Cのアメサイドを使ったからだな



終わった!と思いきや・・・





イメージ 6

前輪がトホホなことに・・・

前輪パンクの原因はこれかな


イメージ 7
タイヤが届きました  ローテーションは1回だす。


イメージ 8
スローパンクを修理したチューブを使って前輪も完成!






F・R1本目 パナ・パセラ700×35C 680㎞まで
35CまでOKとのことでしたがサイズオーバーで交換

F・R2本目 パナ・パセラ700×32C 3458.7㎞まで
↑の写真、走行2777.6㎞で交換だから結構走ったかも

F・R3本目 パナ・パセラ700×32C








イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです








イメージ 1

明日の輪行ツーリングに備えてペダル交換

MKS SYLVAN TOURING NEXT EzySuperior

輪行が楽なんだよネ~!



ノートンくんはペダルを一番変えてます




イメージ 2
一番最初はシマノの片面SPD


イメージ 3
シルバンロード+トークリップへ


イメージ 4
シルバンロードからシルバンツーリングへ


イメージ 5
シルバンツーリングから EZY PROMENADE へ
ノートンくんには今一合いませんねぇ


イメージ 6
シルバンツーリングに戻ってツーリングネクストへ



これでペダル変遷は終わりかなー





イメージ 7
 週末の天気は良さそうだけど暑そうだねぇ









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです







イメージ 1
明日に備えてペダル交換~~



イメージ 2
MKS EZY PROMENADE 使い回してますな




イメージ 3
ノートンくんは縦型輪行じゃ!



お天気も良さそうだネ~









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです






楽しい時を共に過ごした相棒は

ちゃんとお手入れいたしませう!




イメージ 1

地道を走ってサイドを傷めたかな。


イメージ 2

パークツール・タイヤブートで修繕

セコク半分!



イメージ 3

土埃まみれのフリーは洗浄&ゾイル処理&オイル注し。

サンツアー・パーフェクト14-26からシマノ青箱14-28に交換は正解!
ギア比1:1は必須であります

チェーンも洗浄&オイル注し、車体はクリーニング。



イメージ 4

出来た!

また出掛けようぜ~










イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです







ノートンくんメンテ17  フリー交換&RハブOH


ノートンくんメンテ18 カンパ・ヌーボティポハブOH



について raijin & fuujin さん より

以下のアドバイスをいただきました。

ありがとうございました




英国ではブリティッシュ・ハブとBSA、軍用のタービンなどを製造していた数社が莫大な研究資金をつぎこんで、「どういうメカニズムで球押しにスが出来るのか?」を研究しています。その結果、「まったくガタがない調整をしてはいけない」という結論に達しています。また、長時間の連続走行では摩擦により、ベアリングの温度が上がって膨張することもわかっています。つまり、静止時にガタがなくスムーズに回る調整をすると、スが出来やすくなることになります。英国の超高性能ハブ、ブラムフィールドの取説には『まったくガタをなくするアマチュアのやるような調整をしてはならない』と厳めしく書いてあります。しかし、ほとんどの日本のプロショップも、ハイエンド・アマチュアも「まったくガタをなくす調整」をしていますね。私が中学時代、自転車修理を教わったS級の選手の人は「まったくガタをなくすな、あるかないかわからないくらい残すのがコツなんだ」と経験からたどりついていました。




皆さまは如何でせうか。

河っちはガタ0調整してました。



実際に玉当たり調整をしているとき

一番回転がスムーズな処ではちょいガタがあります。

玉当たり調整はそのちょいガタを取ることだと思ってました

ちょいガタを取ると若干回転が渋くなりますけども。



ガタ0に調整してもクイックで更に締め込まれますから

実際には玉当たりは強くなる傾向にあるでせうネ。

熱膨張とクイックでの更なる締め込みを考慮したうえで

最終的に最適な玉当たりにするためにはちょいガタ調整がええのんでせう。



う~~~む・・・

玉押しの虫食いがガタ0調整によるものだとすると

虫食いが生じない玉押しは玉押しの材質がええのんでせうかネ

この辺はどうなのでせうかねぇ・・・ちょっと疑問・・・。

今回はコメントOKにしておきました。
意見等あればお願いいたします。





イメージ 1

お蔭さまで新品玉押し入手出来ました。

内緒さん アドバイスありがとうございました



イメージ 2

ものはヌーボ・レコードですが流用に問題無いと思います





ネットはありがたいですねぇ。

感謝、多謝









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです




↑このページのトップヘ