オートバイとスポルティーフと模型道楽2

自転車旅行と美味しいものが好き!

カテゴリ: 一泊山サイ地道ツー





イメージ 1
夜が明けました   宿の真ん前は太平洋だす




2日目は旗立峠を越えて五浦海岸へ




イメージ 2
r10からr27へ走りまする。 すっかり初冬の景色ですねぇ。

イメージ 3
↑今年の5月は水引風景でした。



イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
農村風景に癒されまする




イメージ 9
・・・r27から分岐すると揚子方の集落に突然パラボラアンテナ
ドコモの静止衛星用のアンテナっぽいです。
こーゆー場所はノイズの影響を受け辛いんだそーだす。BY kemuさん

イメージ 10
日向は暖かいけど、日陰はさぶ~

イメージ 11
名残の紅葉・・・

イメージ 12
水清し・・・

イメージ 13
チ〇チ〇道祖神

イメージ 14
平袖の集落の先から地道になりまする。

イメージ 15
平袖林道と呼ばれているようだす。

イメージ 16
お日さまでポカポカ~温いわ~

イメージ 17
林道は杉林の中を上って行きまする。

イメージ 18
朝8時半に出発、11時半旗立峠到着! さぶ~~!

イメージ 19
雪が残ってるんだもん寒いわ

イメージ 20
日溜まりで一服

イメージ 21
一服したら下る~~!

イメージ 22
ビュ~~ン!



お山の後は海に向かいまする・・・




イメージ 23イメージ 24
イメージ 25イメージ 26
イメージ 27イメージ 28
五浦海岸
日本近代美術界の功労者・岡倉天心縁の地ですな。とってもええ処だす。
震災で被災した六角堂も建て替えられてました


イメージ 29
ツーって~とお山ばかりなので海はええなー


イメージ 30




イメージ 31
五浦美術館にも寄りましただ

イメージ 32イメージ 33
イメージ 34イメージ 35
ブラスバンドも堪能しましたよん



さあて、ボチボチツーも終わりですかねぇ・・・




イメージ 36
平潟漁港


イメージ 37イメージ 38
イメージ 39イメージ 40
勿来の関に寄って帰りましただ。





前半戦は峠越え、後半戦は歴史ポタ。

なかなかメリハリがあって楽しかったです~








2日目走行46キロ
サイコン故障のためルートラボより 

合計83キロ 
積算1055キロ









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです








おまけ

イメージ 41


お気に入りの愛車に乗って

季節の中へ出かけよう

美しい祖国を旅しよう


自転車の魔法にかかって

暫しのあいだ

時の経つのを忘れに往こう








イメージ 1



イメージ 2


都心から数時間 

列車に揺られ阿武隈へ

長閑な景色が拡がる

何処か懐かしい日本の原風景






イメージ 3


イメージ 4


名残の紅葉 

寒桜

真っ青な空






イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7


集落を走り継ぐ

何世代にも渡る時の承継

生命は流れ

紡がれて往く






イメージ 8



イメージ 9



イメージ 35



イメージ 10


暖かなお日さまに照らされて

一漕ぎ一漕ぎペダルを踏む


小石を踏みしめ

泥道を掻き分け

一漕ぎ一漕ぎペダルを踏む

汗が滲み

喘ぎながら峠を目指す







イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


路の途中

杉林の向こうに

大きな樹


見上げると

まるで山の主のよう

その幹の太さと云ったら!

暫し佇み

生命の息吹にふれる



身体に籠っていた邪気が

汗と共に流れ出し

清らかな山の気に満たされる

そして

深い充足感

サイクルツーリングの賜物をいただく






イメージ 14


古の人々はその気を感得し

畏れ恐み御神名を奉ったのだ


それは

静かに静かに

私を清め

密かに密かに

私を満たす






イメージ 15


雪の残る名も無き峠

地面も凍る名も無き峠


熱いのは己のこころ

生命の火が燃えている






イメージ 17


イメージ 16


イメージ 18



イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


輪友は有難いものだなぁ

共に走り 

共に食らい

共に眠る

他愛もない話

深刻な話

助平な話

同じ時間を共有する

密度も喜びも大きくなるなぁ






イメージ 22



イメージ 23


イメージ 24


車の往来も絶えた旧き路

陰影に彩られ

訪れる人も無く

静かに時が過ぎて往く






イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29


生命の輝き

寒空の下

深紅に燃え上がる

精一杯に生命を咲かせ

精一杯に散って往く



私の生命は

精一杯に咲いているだろうか

精一杯に散って往けるだろうか






イメージ 30


イメージ 31


旅の終わりに大海原

潮風がビュンビュン吹き抜けて往く

火照った身体と心地良い疲労感

う~ん 

良い旅路だった



笑顔で送り出してくれた妻へ感謝

輪友へ感謝

小さな車輪にも感謝

そして

阿武隈に感謝










12月9~10日、kemuさんとご一緒して阿武隈


緩すぎるかな?と思いましたが丁度えかっただす
宿題だった横川目兼支線林道も走れてえかったべ!








走行37キロ 
サイコン故障のためルートラボより 









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです








おまけ

イメージ 32


気の良い親父さんと女将さんで営業してました
アットホームでしたよん
洗濯OK! お風呂は隣の温泉センターへ
1泊2食付で7,000円。


イメージ 33イメージ 34






イメージ 1


イメージ 2
町田屋旅館で朝ごはんをいただいて8時頃出発です。





ツー2日目は軽く峠越え





イメージ 25
実にええ天気ですなー  暑いけど秋風が涼しいだす。


イメージ 3
キバナコスモス



イメージ 4
雷電山に向かって走ります~。都幾川の街が見えますネ


イメージ 5
のんびり上って来ました。


イメージ 6
自転車置き去りの刑にして雷電山へハイキング


イメージ 26
結構急坂でした。10~15分で頂上へ。


イメージ 7イメージ 8
見晴らしは無いですねぇ。でも、雷電山は一度登ってみたかったのでOK!



イメージ 9
登山口のご近所の方が眺めがええワイな



イメージ 10イメージ 11
雷電山から下ってくると松郷峠(2回目)じゃな。


イメージ 12イメージ 13
松郷峠では、熊さん & ぴぃすけさん ご夫妻に再会。すんげ~久々でしたが、相変わらず仲良しさんですネ  




イメージ 14
ちょっと一服



イメージ 15
・・・した後は笛吹峠(3回目)へ・・・ほぼ丘ですけどネ


イメージ 16イメージ 17
笛吹峠からは林道将軍沢線に入りまする。夏草が伸び放題だぜ! 写真何とかモードで変




イメージ 18
ふるさと歩道の脇には↑こんなんが在りますだ。


イメージ 19
JAXAじゃ!


イメージ 20イメージ 21
イメージ 22イメージ 23
山の中で殆ど人も来ないんじゃね~の?って処ですが、お金が掛かってますねぇ



イメージ 24
CR走って帰りました





雷電山の上りとハイキングで腰がピキピキしてました

まだ、本調子じゃないですなー




kemuさん 

お疲れさま & ありがとーござりました!








2日目走行95.65キロ 
合計178.43キロ 
積算3708.4キロ

今までなら日帰りだけど
1泊すると余裕があってええですな、やっぱ










イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです








お盆明けにギックリ腰になって半月以上経ちました

7~8割回復してきた感じなのですが

自転車はどーよ?って回復具合を確認するために

昨日、今日とkemuさんと奥武蔵に1泊ツーに出かけて来ました





イメージ 1
昨日はお昼近くまで雨が残ったので12時出発  午後から晴れて来ました
過ごしやすい陽気で吹く風には秋の気配が・・・。
稲穂もすっかり実って頭を垂れています


イメージ 2
ええ景色やなー


イメージ 3
秩父のお山が見えますだ  稲刈りも始まってました


イメージ 4
夏草が伸び放題・・・。



イメージ 5
木陰に入ると涼し~! 気持ちええだす


イメージ 6
まさにサイクリング日和でした。



イメージ 7
日本だなー


イメージ 8
ずっと裏道走りで殆ど幹線道は通りませんですだ。



イメージ 10
お宿に到着!

都幾川 町田屋旅館


UCC御用達ですネ
なかなか趣がありますだ。1泊朝食付きでした


イメージ 9
雰囲気ありますネ~


イメージ 11
寛ぐkemuさん




平場ばかり80㎞ほどでしたが腰は大丈夫でした

翌日は軽めの峠越えですが大丈夫かな?








走行82.78キロ 









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです






さて、ツーも2日目を迎えました。


2日目は四時川林道・横川目兼支線林道

を走って勿来へ抜ける予定だったのですが・・・

分岐を間違えて違うコースになっちゃいました




予定コース
獲得標高700m強・走行50㎞ていどの楽チンコースのはずだったのですが・・・



実走コース
四時川林道・弥太郎林道・熊の倉林道を走ってr27経由で勿来になっちゃいました
熊の倉林道はトレース出来ないので適当だす。





ツーリングに出て、地元の方に道を尋ねることがあると思うのですが

時々全然違うじゃん!ってときがありますねぇ


そもそも自転車に乗って移動する訳ではないので

車の感覚で教えてくださるのでせうな

確かに車ならそーだろうけど、自転車じゃぁ・・・なんてネ。




今回は3回ほどそれがありました




始めは宿の女将さん・・・

谷川の湯の辺りは5万図ともルートラボとも実際には違っていて、道がゴチャゴチャしてます。
それで聞いたのですが、まさに車の感覚でしたなー。

教えてくださった道は遠回りでした




次はオフロードライダーのおじさん・・・

四時川林道から分岐して、さらに横川目兼支線林道・弥太郎林道に分岐するのですが
横川目兼支線林道に居るのか確認したくて

「この林道は横川目兼支線林道でせうか?」と尋ねますと

「そーですよー!」との有り難いお言葉・・・

でしたが、実際は弥太郎林道だったようです




最後はハイカーのおじさん・・・

「この林道はr27に繋がっているのだよ」

この段階では横川目兼支線林道に居ると思っていたので話が?

「勿来方面はここを左に分岐して行けばええよん!」

全然違う作業道を教えてくださりました




まあ、自分が一番悪いのですが

道を間違えるのは思い込みってのもありますねぇ

本線を来ているのだから、ここは横川目兼支線林道に違いないってなもんだな




道間違いは山サイだと死活問題になったりしますが

林道ツーリングでも十分注意せにゃイカンなー

としみじみ思ったのであります

今度からコンパスも持ってこー!

それよりガーミン買えよ!ってか






イメージ 1
2日目もええ天気


女将さんに教えてもらった通りにR289へ出ます

車はそれなりですが、多くはないかな




イメージ 2


イメージ 3
季節を愛でながらアップダウンの道を往きまする。


イメージ 4
日本の田舎だなー




イメージ 6
宿を8時過ぎに出て、11時前には四時川林道へ。


イメージ 5
新緑が気持ええだす~


イメージ 7
ずっと下りなのが 


イメージ 10
四時川林道は四時川に沿って続いてまする。


イメージ 8



イメージ 9
う~~~ん、ええなぁ・・・


イメージ 11
11時半過ぎ、早昼にしました



イメージ 12
新緑のトンネルは続きます。


イメージ 13
秋も綺麗でせうねぇ・・・


イメージ 14
kemuさんも「いいですねぇ~!」を連発


イメージ 15
ほんまにええわ~!



イメージ 16
おっ!向こうからランドナーが・・・我孫子のM氏でござりました。
四時川林道を検索した際にHP拝見してました


いろいろ情報ありがとーござりました!





イメージ 17
12時40分、横川目兼支線林道方面へ分岐。


イメージ 18
現地にあった看板と5万図を見合わせて横川目兼支線林道方面へ進んだのですが
すでに弥太郎林道に入ってしまったようです   方向が真逆じゃんけ!
どこで間違えたのか今も分かってません・・・う~~む・・・


おまけに延々押しが続きまする




イメージ 19イメージ 20
ハイカーのおじさんが教えてくれた道は・・・絶対違う!と思ったら・・・


イメージ 21
やっぱり、道が消失してました


プロフィールマップとは全然違う・・・これは間違ったな・・・

間違った場合は元に戻るのが一番ですが、r27に合流するとのおじさんの言葉を信じました
(何度もこの道を歩いているそーなので)


間違ったら間違ったことを楽しみませうネ!

ツーリングは臨機応変に~



イメージ 22
2時間以上、450mほどのUPでr27(弥太郎坂)に合流。
林道は何時の間にやら熊の倉林道に。



その後は弥太郎坂をギュイ~ンと下り、花園渓谷経由、r10で勿来へ向かったのであります。




イメージ 23


イメージ 24
最後はやっぱり水引された田圃と田植えの情景でした






阿武隈のたおやかな景色を満喫したツーでしたねぇ。

ランドナーに最適なコースだったし

阿武隈ええわー

また行くベ!

3時間の輪行は長かったけどさ~








2日目 走行74.45キロ 

合計150キロ 積算3129.2キロ









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです




↑このページのトップヘ