オートバイとスポルティーフと模型道楽2

自転車旅行と美味しいものが好き!

カテゴリ: 一泊峠越え




イメージ 1
一番高いお山は越後三山・越後駒ケ岳かね


イメージ 2
目の前には八海山じゃな


ツー2日目は魚沼丘陵北側の峠を越えて浦佐までです

以前に魚沼丘陵南側(魚沼スカイライン)は走ったのでネ。


丘陵の峠で越後三山(越後駒ヶ岳・中ノ岳・八海山)

が眺望できるかな・・・と思ったのですが・・・



一日目はそれなりコース・二日目は超ゆるゆる~!





イメージ 3
2日目はとてもええ天気に  ですが暑い・・・   飯山線の踏切を越えて裏道走り



イメージ 4イメージ 5
イメージ 6イメージ 7
イメージ 8イメージ 9
イメージ 10イメージ 11
 


R252を走り、途中から三坂峠の旧道へ分岐したのですが・・・




イメージ 12イメージ 13
イメージ 14イメージ 15
三坂峠で道が消失・・・廃道化してました    頸城地方で道が消失・廃道化はこれで4回目だなぁ・・・
地図アプリだと来た方向は道が表示されてませんが、実際は道があり、進行方向には道が無いだす
まあ、ほとんどピークなので三坂峠到着!かな。   越後三山のえの字もありまへんねぇ・・・




気を取り直して幹線道のR252からr388・r58へ

幹線道と云っても大して車はおりまへんが





イメージ 16


イメージ 17
余裕有まくりなので写真撮影会    ・・・しかし暑い・・・




イメージ 18イメージ 19



イメージ 20
貸切道を後山トンネルへ向けて、のんびらこんとペダルを踏みまする。



イメージ 21イメージ 22
日向は暑い~~~!


イメージ 23
でも、木陰に吹く風は盛夏のそれとは違いますネ




イメージ 24 
後山トンネルをギュイーンと下ると、よーやっと見えたワイ
グリーンくんは逆向きになってますが



イメージ 25


イメージ 26
冠雪したお山って何か惹かれますなー    高所恐怖症なので登る気は全然ありまへんがネ


イメージ 27
魚野川沿いをポタポタ




5月半ばくらいに魚沼や浦佐をポタポタするのもええかも~

あ~~面白かった!

浦佐駅11時55分発の新幹線で早帰りでした








2日目走行33.86キロ 合計93.36キロ 積算1539キロ 









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです






イメージ 1


イメージ 2
グリーンくんで出撃じゃ!


2~3日と連休を取って東頚城丘陵・魚沼丘陵を走って来ました

頸城方面はもう6回目なんだね


獲得標高1200mくらいなんだけど、最近はゆるゆるコースばかりだったので
最後の方は脚に来てたかなぁ・・・売り切れはしなかったけどさ。
自転車は地脚が無いと楽しめないのも確かだネ






イメージ 3イメージ 4
イメージ 5イメージ 6
 いつもの新幹線、いつものほくほく線でまつだいへ   ほくほく線の車窓風景は何度見てもええもんじゃなぁ




イメージ 7イメージ 8
まつだい駅から芝峠へ向けて裏道走り・・・早速、棚田のお出迎え


イメージ 9
陰影がええネ


イメージ 10
魚沼丘陵や越後山脈が見えました


イメージ 11
芝峠からの見晴らし~~! 
芝峠はなかなか見晴らしがええで   芝峠温泉からの雲海も良さそうじゃな





イメージ 12イメージ 13
イメージ 14イメージ 15
イメージ 17イメージ 18
道々の花々が目を慰めてくれますなー


イメージ 16
ブナの森もね・・・


イメージ 19
何だか不思議なオブジェ


イメージ 20
目の前のお山は黒姫山じゃな
ここで地元の方と暫し話したのですが、20年前には40人だった集落の人数が今は10人ほどに・・・
若者は皆無で、跡継ぎたちも独身でもう高齢に成っており、もう10年もすれば集落自体無くなるかも・・・と。
写真の左手には耕作放棄された棚田があったのですが、もう高齢で耕作できず一昨年で止めたそーです。
話をしたご夫婦も止めたそーです。この先の集落は7軒しか残っていないそーです。
もう、10~20年するとこの棚田も消滅してるかも・・・限界集落・・・日本のリアルな一面を垣間見ました




イメージ 22


イメージ 21
それでも、無責任な旅人はこの景色に癒されちゃうのも事実なのです


イメージ 23イメージ 24
イメージ 25イメージ 26


イメージ 27




芝峠からr219を下り、R252に分岐。

R252大沢の集落からr56へ分岐、大沢峠・榎峠を目指しまする





イメージ 29
山奥にも棚田


イメージ 28
大沢峠到着!  滝汗


イメージ 30
なかなかに山は深し


イメージ 43
日向は暑いですが木陰に入れば涼しい~
ブナの樹が曲がっているのは雪の重みのせいかな


イメージ 31
榎峠のお地蔵様


イメージ 32
r56は一応県道なのですが暫し地道に・・・


イメージ 33
棚田の作業道みたいだなー


イメージ 45イメージ 44イメージ 34イメージ 46
しかし、まあ、よくこんな処まで棚田を拓いたもんだ。維持も管理も大変だろうなぁ


イメージ 35
r56から小白倉の集落でR403へ分岐。
小白倉は「美しい日本のむら景観コンテスト」で最高賞である農林水産大臣賞を受賞したそーだす




R403からR252へ分岐。

R252から坪山峠を目指し分岐





イメージ 36
その途中に素敵なため池・・・棚田にため池があるのは何故なのかしら?
補水用なのかな?ため池がある棚田って割かし見かけるんだけど。
家の脇にため池ってのも良く見るなぁ   何用なのかしら?


イメージ 37
こんな景色が好き・・・


イメージ 38
脚力が落ちたなぁ・・・と思いつつも坪山峠到着!


イメージ 39イメージ 40
峠をピュ~ッと下り、信濃川を渡れば十日町




早目の投宿でした


芝峠は残雪残る5月初旬~中旬がええかもネ。

見晴らしがきっとええで

うちの5月は大口案件が立て込んでるからなー

気分的にそれが終わらないと宿泊ツーに行き辛いんだよなー・・・トホホ。








一日目走行59.50キロ









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです








おまけ


一泊朝食付き 5,940円
洗濯OK!  トロン温泉24時間
若い夫婦がされてます~
リニューアルされたからか小綺麗でしたよん


イメージ 42
朝食じゃ







ツーリング2日目

湯岐温泉からr27をメインに勿来へ下るか・・・

r22(大北渓谷は通行止め)をメインに磯原又は高萩に下るか・・・

常陸大子へ最短コースで下るか・・・

いろいろ考えましたが

結局、チョー楽チンコースの常陸大子に向かい


早めに納輪することにしました。


最近、ゆるゆるですなー




獲得標高380m、距離40㎞弱の下り主体のコースでした。
でも、一日目の登り主体のコースよりも良かったかも
余裕有りまくりってのはほんまにええですな。
やっぱ、人生には余裕がないとネー!






イメージ 1

イメージ 2
朝も紅葉から始まるのですな


イメージ 3
R349、入宝坂(地名にもなってますな)を下って行きまする。


イメージ 4
ええ処じゃな。(スポくんは逆向き)


イメージ 5
ここも紅葉が綺麗でした


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8
みどり・黄色・オレンジ・赤のグラデーションが綺麗



イメージ 9
国道だけど鄙びた田舎道ですじゃ


イメージ 10
でも、貸切だし、下り道だし、天気はええし、農村風景はええし・・・


イメージ 11
向こうのお山の中へ行くのですな。


イメージ 12
R349から一時R118で久慈川を越えまする。この先すぐにr195に分岐。




イメージ 13
ここもまた、誰も居ない貸切道


イメージ 14
幹線道から一本入ると何とも長閑な景色ですな。


イメージ 15
ちょっと見頃過ぎですがお見事!



イメージ 16イメージ 17
イメージ 18イメージ 19
写真ばかり撮ってなかなか先に進みませんネ




イメージ 20
r195からr33へ分岐。ここから峠越えです。緩いけど


イメージ 21


イメージ 22イメージ 23
弓取峠をギュ~ンと下ると・・・



イメージ 24
月待ちの滝


イメージ 25イメージ 26
イメージ 27イメージ 28
滝のモミジは青葉でしたねぇ。下2枚は滝の内側からだす



イメージ 29
再び久慈川


イメージ 30
もう、旅も終わりです





宿を8時40分に出て常陸大子駅11時半着

輪行準備して、道の駅でのんびり温泉

 大子の街を散歩してお昼して1時51分発水郡線で車中の人に

5時には帰宅でした



阿武隈の紅葉路を堪能しました

阿武隈のたおやかさはやっぱええネ!








2日目走行36.13キロ 合計84.03キロ 積算8170.4キロ 









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです








おまけ

イメージ 31


イメージ 32イメージ 33

最近、スポくんはフォーク抜き輪行ですだ。
何と云ってもコンパクトになるのんがええだす
縦型だと新幹線や特急の車両によっては最後部座席の後ろに置けなかったりしますだ。
(ハンドルが邪魔になるのですな)
担ぐ時も背中に背負うようにするので縦型よりも軽く感じます。
また、作業時間も縦型とそれ程変わりませんネ。
オオマエジムショさん軽量輪行袋の存在が後押ししてるのは確かかも。


河っちは行き先や乗る路線によって縦型とフォーク抜き輪行を使い分けてまする。
んが、ひと様の迷惑を考えるとフォーク抜き輪行がベストですな。

フォーク抜き輪行はサイクリストの良心だと思いまする





イメージ 1


 15・16日と代休を取り紅葉の阿武隈路を走って来ました

紅葉が綺麗でしたよー!


一日、ほぼ登り続けるコースでした。
獲得票個は1,000mオーバーで大したこと無いんだけどさ

・・・の割には草臥れたなぁ
ギックリ腰療養中とは云え、最近脚力の低下が著しいかも





イメージ 2イメージ 3
イメージ 4イメージ 5
イメージ 6イメージ 7
イメージ 8イメージ 9
高萩駅8時44分着、出発9時15分
高萩って殆ど知らなかったんですが、歴史のある街並みが残ってました。



イメージ 10


イメージ 11




イメージ 12イメージ 13
イメージ 14イメージ 15
イメージ 17イメージ 19イメージ 18イメージ 16
寄り道しまくって進みます~~!



イメージ 20
r111に入りました。後はひたすら登る~~


イメージ 24


イメージ 21
処々綺麗なモミジがありましたよん



イメージ 22イメージ 23
仙道坂(地名にも成ってますな) 11%が続いてトホホ



イメージ 25イメージ 26
イメージ 27イメージ 28


イメージ 29
綺麗~~!


イメージ 30
青空紅葉が映えますネ~



イメージ 31
若栗の集落


イメージ 32イメージ 33
イメージ 35イメージ 34
イメージ 36イメージ 37


イメージ 38
まんだまんだ登る~!


イメージ 39
時折平和な勾配  


イメージ 40
紅葉が綺麗なのでチョクチョク休みますな


イメージ 41
ツーリングは楽し!



イメージ 42イメージ 43
イメージ 44イメージ 45
イメージ 46イメージ 47
イメージ 48イメージ 49
下君田の集落の先からr111は渓谷沿いの細道に成りまする。



イメージ 50イメージ 51
イメージ 52イメージ 53
イメージ 54イメージ 55
イメージ 56イメージ 57
イメージ 58イメージ 59
イメージ 60イメージ 61
イメージ 62イメージ 63
イメージ 64イメージ 65
陰影が綺麗でしたよん



イメージ 66
堪能しましただ



イメージ 67イメージ 68
イメージ 69イメージ 70
イメージ 71イメージ 72
柳沢の集落から県境を越え福島県塙町・滝入集落に入ると晩秋の雰囲気に  この辺は高原なんだネ



イメージ 73
もう宿も近いです。結構草臥れたなぁ・・・



イメージ 74イメージ 75
イメージ 76イメージ 77
 最後の最後まで紅葉が綺麗でした




紅葉の阿武隈路を堪能しましただ

車も滅多に通らず、殆ど貸切コースでしたよん!
2時半にはお宿に到着  温泉入ってまったりでした








一日目走行47.90キロ









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです








おまけ

イメージ 78


歴史のある温泉宿ですだ。混浴有
美人女将の接客よろし。洗濯OK!
お一人様入湯税込8,250円でした。

紅葉も見頃。さらに男湯からの紅葉が綺麗でした。
ただ、洗い場が一つしかないので混むと面倒臭いかも。


イメージ 79イメージ 80
イメージ 81イメージ 82
イメージ 83イメージ 84


イメージ 86

イメージ 85







ツーリング2日目もゆるゆる~!





イメージ 1
松之山温泉からR353へ分岐、すぐにこんな景色  今日もええ天気じゃ


イメージ 2
R353から豊原峠へ向かう旧道へ分岐・・・上鰕池の集落が見えますネ。


イメージ 3
旧道をのんびりのんびり登って往きます


イメージ 4
こんな処にも棚田が・・・。


イメージ 5
紅葉が綺麗です・・・


イメージ 6
素敵な路だなぁ・・・


イメージ 7


イメージ 8
全山紅葉



イメージ 9イメージ 10
イメージ 11イメージ 12
ですが進むに連れ路が・・・土砂崩れの上に草木が生え廃道化してました
峠は近いのですが、これ以上は進めず断念・・・
頸城で廃道化のため断念するのはこれで3回目だなぁ・・・5万図やルートラボではトレース出来たんだけどネ。




イメージ 13
R353を降りて来ると遠くにお山が・・・


イメージ 14
八海山かね

イメージ 15

イメージ 16
流れる川は信濃川・・・人生2度目じゃな



R353は連休で車もそれなり

紅葉名所の清津峡もあるのでR353を避け
r284・脇道走って十二峠を目指しまする





イメージ 17
清津川沿いの何か不思議な公園


イメージ 18
上流側~!


イメージ 19
モミジが多いのが嬉しいかも!


イメージ 20
ツーリングは楽し!



イメージ 21
でも、kemuさんはチェーントラブルでトホホ
チャッチャと直しましたよん!トラブルなんて朝飯前よ




イメージ 22
アップダウンを繰り返し走り続けまする。


イメージ 23
綺麗~~!



イメージ 24

イメージ 25
R353は車が切れ目なく続いてますが、この道はだ~れも居ません。貸切だす



イメージ 26
この上流が清津峡だな  
清津峡は大渋滞でした。日本人は名所が好きねぇ


イメージ 27

イメージ 28
標高500mくらいだけど全山紅葉中でした


イメージ 29
十二峠(2回目)に到着!
魚沼スカイラインからの眺めも良いでせうなー
でも今回は諸般の事情でパス


イメージ 30
バイバ~イ! また来るネ~! 





宿8時20分出発、越後湯沢駅1時過ぎ着

 入って2時8分発新幹線で早帰りでした



久しぶりだったけどツーはやっぱ楽しかったべ!

kemuさん ありがとーござりました!








2日目走行45.14キロ 合計84.5キロ 積算8086.3キロ 









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです








おまけ

イメージ 31


洗濯OK!露天風呂は無し。しょっぱい温泉でした
お一人様9,870円だよん。


イメージ 32イメージ 33



↑このページのトップヘ