オートバイとスポルティーフと模型道楽2

自転車旅行と美味しいものが好き!

カテゴリ: 日帰り山サイ地道ツー




イメージ 1
豆口峠神送り場



本日はヒロセくんでランドナー山サイ

奥武蔵の豆口峠へ行って来ました



朝のうちは日が差して気温も上がったためか
軽い熱中症になったようです
飯能までちょっと辛かった。
吉野家の豚キムチ丼食べたら元気になったべ!





イメージ 2
11時くらいから日が陰って涼しくなりました。えっかた~!


イメージ 3
雨が降らない日曜日は貴重だす


イメージ 4
一歩入ると静かな山里


イメージ 5
この花は何かしら? 可憐な花でしたが


イメージ 6
ツーリングですネ!



さて、豆口峠へのアプローチは4方向あります。

名栗側から林道経由、子の権現から山サイ

子の権現の手前から山サイ、竹寺から山サイの4通りです。

今回は比較的楽そうな

子の権現の手前からアプローチしようと思ったのですが・・・




イメージ 7
真っ直ぐは行き止まり、右は子の権現です。
25,000の地形図だと左です。ですがネットで見た豆口峠の案内がありません。


イメージ 8
看板の上には豆口峠とありますが・・・



案内を探して子の権現方面へ登ってみました。




イメージ 12
子の権現の激坂手前まで来ましたが案内無し・・・。
子の権現からの山サイは結構アップダウンがあるようです。
分岐の行き止まりに戻ることにしました・・・。



イメージ 9イメージ 10
行き止まりまで行くと民家でドン詰まり。STがあったので入ってみましたが道が途切れてます。

    イメージ 11
 もうひとつのSTも怪しい・・・



豆口峠の入り口は何処なのかしら?

すでに1時半、90㎞走ってます。

もう一回来るのは嫌だなぁ・・・

確実な竹寺からのアプローチに変更することにしました




イメージ 13

イメージ 14
2時、竹寺に到着!


イメージ 15
山サイ開始。 すぐに滝汗


イメージ 16
んでもお山はええワイなぁ
アップダウンはありましたが、それなりに乗れました。


イメージ 17
30分ほどで豆口峠到着!


イメージ 18
神送り場の案内



イメージ 19
子の権現の手前から来るとこの景色になります。
気になるので子の権現の手前まで下ってみることにしました。


イメージ 20
枝打ちされた枝がチョー邪魔  最近は人が入ってない様子・・・。


イメージ 21
ひたすら押し下ります。担ぎは1~2箇所、倒木あり。


イメージ 22
20分ほどで出て来た処はドン詰まり民家のかなり手前。
行き止まり看板のちょっと先でした。
こりゃ分からないよー




後は休憩取りながら帰りました。

6時45分出発、7時半帰宅。

豆口峠も来てみたかった峠です。

来れてえかったべ!



ヒロセくんは乗り味ベリーグー

ですが42Bはロングライド向きじゃないですねぇ。

当り前ですが。

車体も重いのでキャンプツーがええようですな

走ってみなきゃ分からんもん!

あ~面白かった!








走行175.0キロ 積算1687.7キロ









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです







イメージ 1


イメージ 2


初夏の日差しの中

奥武蔵の山里へ向け

ペダルを踏み込んだ





イメージ 3


ルーティンの道往きをこなすと

数時間ののち 

旅路が始まる





イメージ 4

ひつめの峠を越え




イメージ 5

山里の社へ




イメージ 6


社から息を弾ませ

一本の老木のもとへ


暫し佇み

老木を見上げる

初夏の風が吹き抜け

森の香りを運ぶ







イメージ 7

訪れる人もまばらな山里を走り継ぎ




イメージ 8

奥へ奥へと・・・




イメージ 9


ひっそりとした山里

里人の気配もない

鳥たちの囀りがこだまする



幾歳もの長きにわたり

いのちの流れは続く

古き時から新しき時へ





イメージ 10


里と里を結ぶ古の道

いのちの流れを支え続けて来た古の道





イメージ 11


その道に踏み入り

自らのいのちを賦活する



誰も居ない

誰も来ない

古の道



街道のすぐそばに

そんな道がひっそりと在る













イメージ 12


昨日は160㎞ほど走り四十八曲峠へ。

自走&軽めの山サイでしたがなかなか効きました~!








走行163.0キロ 積算3370.9キロ









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです






イメージ 1



誰もいない森の中

木漏れ日の下 腰を下ろした

弾んでいた息が静かになり

汗が引いてゆく



静かな静かな木霊たちの囁き

いのちの源

森の息吹に満たされ

こころと身体がほぐれて往く



森の中にいると安らぐ

森の中にいるといのちに包まれる

流した汗の分だけ

いのちが流れ込んでくる



遠い遠い記憶の中で

山に生きたときがあったのだろうか

自らのいのちと山のいのちが溶けあった

そんな記憶があるのだろうか



いのちに満たされた私は

下草と木立の間にスッと立ち

しっかりと大地を踏みしめた








昨日は kemuさん とご一緒して越生方面へ

暫くの間、風邪で散々でしたがようやく復活かな





イメージ 2

イメージ 3

イメージ 7

イメージ 5

イメージ 4

すっかり春めいて来ました。

春は花の季節ですネ



イメージ 6

イメージ 11

越生の梅林は見頃過ぎでした。


イメージ 8
河っちはノートンくん、kemuさんはグランテックで出撃です。

イメージ 9

イメージ 10

でも、まだ見頃の処もチラホラと



越生梅林の先で麦原へ分岐し、大築山(城山)に向かいます。

麦原はええ処ですねぇ、日本の山里って感じです。

また来たいかも



イメージ 12
ツーリングですなー

イメージ 13
とっても気持がええだす。


あじさい山公園を過ぎ・・・


イメージ 14

この分岐を城山方面(写真右手)へ。


イメージ 15
ドン詰まりはこんな感じです。左手に道が見えますネ。


道なりに行くと左手の道に入って行くのですが、これはミスコースです

山と高原地図でもと表示されてます

本来のコース(猿岩峠へ最短距離)は写真ではもうちょっと先の右手にありました(後掲載)。

25.000図でも分からんチンですなー。


河っちは猿岩峠を越えて椚平へ抜けようと思っていたのですが

左手の道に入って猿岩峠へは大きく迂回することになっちゃいました




イメージ 16
ガレてますねぇ。

イメージ 17
ランドナー向きじゃないだす

イメージ 18
ひたすら押しまする

イメージ 19
この道は分岐もそれなりにあるのですが標識が無いのがトホホ。
写真では真ん中へ。

イメージ 20
・・・

イメージ 21
フンガフンガ押す~~

イメージ 22
地図に無い道のため自分たちの位置が? 
山サイの場合は道一本間違えるとかなりトホホですもんねぇ

イメージ 23
↑写真では右手(城山)へ。

イメージ 24
右手に分岐すると緩やかな下り。あんまり乗れませんが・・・

イメージ 25
お山に入って50分ほどで猿岩峠到着! 写真では奥側から来ました。フ~~ッ




猿岩峠から大築山へ向かいます。

大築山はその昔、山城が築かれていたお山です。

慈光寺の僧兵を攻略するためだそうです。




イメージ 26
途中、椚平の部落が見晴らせます

イメージ 27
登ってばかりですねぇ

イメージ 28
2時過ぎ、大築山到着!


イメージ 29
見晴らし~! 日光連山・赤城山・榛名山まで見えたよー  来てえかったべ!


イメージ 30
猿岩峠へ戻り麦原部落へ。

イメージ 31
パスハンターなら乗れたかも。ランドナーでは押しです
本当はこの道を登って来るはずだったのですが・・・。

で、この道は何処に出るのかと云いますと・・・


イメージ 32
出発点に戻りました

イメージ 33
丸木橋と↑が目印だす。




都合1時間半ほどの山サイでした

パスハンターならもっと乗車率は高いでせうネ。

ランドナーだとほとんど乗れずに押しばかりでしたが。

前回の官ノ倉峠もそうでしたねぇ



STのDHは山サイの醍醐味のひとつですが

河っちは乗れなくてもあまり気にしません。

山の中に身を置くことが好きなんです。



乗れない自転車は単なる荷物に過ぎませんが

その荷物のお蔭で負荷が掛かり

澱み濁ったものが流す汗と共に昇華出来るように思います。

デトックスですかネ。単なる山歩きよりも効果が高いかも



アプローチの長い軽めの山サイなら

ランドナーも有りだなと思います。

あくまで軽めですけども~





イメージ 34
その後ナイトランに突入。朝7時に出発、夜7時帰宅




kemuさん 

お付き合いありがとうございました!









走行144.22キロ 積算2821.5キロ









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです






イメージ 6


昨日はkemuさんとご一緒して小川町の官ノ倉峠

官ノ倉山が344mなので

山サイっつ~よりも山ポタって感じのコースでせうか。

軽めのコースと思われたのでブラックくんで出撃


直前に風邪を引き微熱があったので行けるかなぁ・・・とちょっと不安でした

まあ、行けなかったら川越ポタでもするかと出掛けたのであります。





イメージ 1
荒サイ沿いは菜の花が咲いてました。


イメージ 2
そこここで梅の花が満開であります。


イメージ 3
幹線道を通らない裏道を探しながら小川町へ向かいまする。


イメージ 4
4時間半ほどで道の駅へ。


大休止後、1時頃出発。r11を腰越から在家へ



イメージ 5
上品寺先を右に分岐。分岐してさらに右に分岐します


イメージ 7
道なりに進むと梅林に出ます。
農家のお父さんに道を聞きますと梅林の山側に古道があるそうです。
写真で見える青い屋根の家辺りに・・・


イメージ 8
こんな石碑があります。まるで人さまの家に入って行くように思われますが・・・


イメージ 9
庭を突っ切って古道が続いてます。


イメージ 10
後はひたすら押しです


イメージ 11
押し易い道かな、どうかな・・・ 


イメージ 12
ほんのちょっと乗れます


イメージ 17
この分岐は左へ(写真では右へ)


イメージ 13
在家からのアプローチに担ぎは無かったです
ハイカーさんはチラホラと・・・


イメージ 14
右 よりい 左 やま乃?


イメージ 15
古道に入って30分ほどで官ノ倉峠到着!


イメージ 16
峠全景
花粉症のkemuさんは花粉の巣窟でトホホのご様子
峠から官ノ倉山まで行こうかなと思っていたのですが
ここまで自走85㎞、久しぶりの押しでその元気が無くなりました。トホホ


イメージ 18
Tea Time にしました


イメージ 19
峠から東武竹沢を目指します。急斜面で担ぎ多し。殆ど乗れません。


イメージ 20
十数分で天王池.


イメージ 21
写真真ん中が石尊山・右隣が官ノ倉山でせうか。
このコースは天王池側からの方が乗車率も上がってお薦めかもネ。アプローチが分かり易いし。
押し担ぎがあるけど、そんな長い時間じゃないし。



イメージ 22
その後裏道を戻り・・・ 
Kemuさん お付き合いありがとうございました!


イメージ 23
ナイトランに突入  
朝7時15分に出て8時前に帰宅でした。




自走170㎞&久しぶりの山サイは結構効きました

休憩の度、良くストレッチをしていたので膝痛は大丈夫



この界隈の峠はほぼ越えているのですが

山サイ系の峠越えがまだ残っています。

今回の山サイは一時間ほどで済みましたが

  他のコースだともっと掛かると思われます。

その場合、ALL自走だとチト辛いかも・・・



行きは輪行、帰りは自走ってのがベターかも知れませんネ








走行171.18キロ 積算3205.7キロ








イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです






イメージ 1
お正月に富士山は縁起がええでー


イメージ 19
すげー良く見えましただ


イメージ 3
南アルプスもよー見えました


イメージ 2
電線がちょっと邪魔ですねぇ・・・




44110さんとのお正月・三が日ツーリングも今回で6回目。

今年は富士見ツーリングでありました


コースです!





二十曲峠はええ峠ですねぇ。

都留側から登って行くと

それなりの時間が掛かりますが

峠はまだかな、もうちょっと先かな・・・

富士山は綺麗に見えるかな?雲は掛かってないかな?と

期待と不安が入り混じって

舞台の幕開け直前みたいです



あのカーブを曲ると峠かな?

と何度もだまされて

それでも淡々と登って行くと

カーブを曲った処、林の向こうに

ドーン!と富士山が・・・



おお~~っ!と感嘆の声が思わず出ます。

峠路はまだ続くのでまた見えなくなりますが

また、おお~~っ!の機会があります。



そして、峠に着くと・・・


ドド~~~ン!と富士山


おお~~~っ! スゲ~~~じゃねーか!


やっぱ、日本人はよぉ、富士山だぜ!


と訳の分からない興奮に包まれちゃいました

予備知識が無い方が感動は大きいですネ!



二十曲峠は都留側からの方が絶対ええと思います。

最後の最後にドーン!の方がええもん。

忍野側からだとずっと富士山見えてますからー





イメージ 4
事前確認して都留市役所に車をデポ。
8時15分出発。二十曲峠への分岐で8時30分。


イメージ 5
44110さんはアンタレス・ランドナーだす


イメージ 6
r713を往きます。寒いです。


イメージ 10
r713から林道細野鹿留線に分岐すると地道に。
地道は長くないですよー。


イメージ 7
ランドナーで地道を走るのはええなぁ・・・ずっと地道だったらえかったのに。


イメージ 8
鹿留川だす。


イメージ 11
地道は都合1~2㎞くらいですかねぇ。


イメージ 9
ツーリングですねぇ・・・


イメージ 12
林道細野鹿留線から林道鹿留線へ分岐しますが
林道は北側の谷筋なので寒さが・・・。


イメージ 13
寒い・・・。


イメージ 14
寒い・・・。


イメージ 15
寒いだす・・・


イメージ 16
結構登って来ました。景色の開ける処も。


イメージ 17
まだ峠に着かないネーなんて話してましたが
この先のカーブを曲るとドーン!が始まりました


イメージ 18
11時過ぎ、二十曲峠到着!


イメージ 20
最高のロケーションですだ。


イメージ 21
大休止!


イメージ 22
 




イメージ 23
二十曲峠から降りて来ても富士山


イメージ 24
走っても富士山


忍野から林道明見忍野線へ分岐・・・


イメージ 25
12時半過ぎ、鳥居地峠到着!


イメージ 26
峠から降りても富士山でした  雲が湧いてますねぇ・・・




その後、1時過ぎにデポ地へ戻り

本格的な渋滞の前に帰宅でした



44110さん 

お疲れさま & ありがとうござりました~!




富士見ツーリングはえかっただす。

毎年恒例にしようかなー

二十曲峠から石割山に登ると山中湖も見えるようです。
次回は登ってみよう!








走行46.96キロ 積算3032.4キロ
ブラックくんの乗り味はやっぱえかったなぁ









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです




↑このページのトップヘ