オートバイとスポルティーフと模型道楽2

自転車旅行と美味しいものが好き!

カテゴリ: WWⅠイギリス

イメージ 1エンジン架付けました。



イメージ 2ロールスロイス・イーグルエンジンです。
アップに耐えませんなぁ・・・。
1機27個のパーツで出来てます。
疲れるっちゅ~~の。
2機作りまする。



イメージ 3エンジン載りました。



イメージ 4上翼載せます。
エンジン架のストラッツ(支柱)の寸法を出しておいたので、比較的楽に位置決め出来ました。
複葉機モケイ製作で一番面倒くさい箇所ですネ。



イメージ 5強度を出すため一部リギング(張り線)しておきます。
ちょっと張り線が長いですネ~。
もちろん長い部分も使いまわします。



イメージ 6翼間支柱も付きました。
1本1本現物合わせで付けていきました。
キットのままだとちょと長いんです。
時間掛かります。
疲れた~~。
今日はここまででギブアップ。





毎日いじってますが、少しくたびれてきました。


大激作展まで日にちが無いので頑張らなくっちゃ!!!



イメージ 1
下翼が付きました。下翼上面の塗装も終了。上翼も整形して下面の塗装終了。上翼長いですネ~~。
下翼下面と上翼上面はまだ塗ってません。リギング(張り線)もためです。



イメージ 2 RODENのフェリクストウ飛行艇のネタ元は AIRCRAFT OF WORLD WAR ONE VOLUME3 のようです。RODENはこのシリーズを良く使ってますネ。
(良く調べたら違っていました!ゴメンナサイ!)




イメージ 3ウインドソックの図面には合いましぇ~~ん。





次はリギング用の穴あけ(0.3㎜)ですけど、何個開けなくちゃならんのか・・・。


ロールスロイスイーグルエンジンも組まなくちゃ!


シンドイの~~。



大激作展まで後18日しかありません。


膝痛の養生を兼ねて模型道楽再開です。自転車乗りすぎましたネ~。


果たして間に合うのか!!!




イメージ 1
艇体までは完了しました。都合2日間掛かりました。なんか河豚に似てるなぁ。




イメージ 2ウッド系1色塗ってマスキング。



イメージ 3ウッド系2色目塗りました。
色の差が分かり辛いかな。



イメージ 43色目は羽布です。



イメージ 54色目はエナメル系塗料でウッドらしさを強調します。
何時もは更に半艶クリヤーでコートするんですが、羽布とPC10とのコントラストをつけるため塗りっぱなしにしました。




イメージ 65色目はイギリス名PC10です。



イメージ 7つや消し黒デカールで外板の補強?を再現。
羽布のラインがちょっとヨレちゃった!トホホ。
当時の写真(白黒)を見ると、艇体のウッドより真っ黒けに映っています。
位置からしてバルクヘッドではないようです。
どうせ誰も知らないから、模型的表現として黒としました。
こりゃ何かな?っていうのを調べたり推理するのも模型製作の楽しみの一つなんですぞ~~。
コクピットの保護パッドをこげ茶で塗って、エナメルで墨して完了!




アブロ504K 1/72エアフィックス






2007.10.29完成。

ホラブロテーマ「練習機パートⅠ」の課題機。

アブロ504Kはエア以外にAモデルがあるが、Aモデルは基本的にエアのコピーにディティールを追加したものみたい。ディティールは良くてもエアのシャープさには適わない。で、エアにAモデルを少し追加。計器版とかデカールとか。

エアのも若干カバネストラッツの取付角とかスキッド周りとか実機と違うが、雰囲気モデラーの河っちは気にしないで完成。クレルジュエンジンは、フラッシュバックのストラッターで使わなかったレジンもの。

脚支柱は繊細すぎて強度が出ないのでは?と思っていたが、そのままで大丈夫でした。ホッ!

コックピットに乗っているのは、エアのフィギュア。WWⅡのパイロットだけど、知らんぷりして搭乗。

フィギュアが乗ると雰囲気倍増!古いキットはこの手に限る。

マーキングは、Aモデルにウインドソックの表紙そのもののデカールがあったので、そのまま使用。
貼れるんかいな?っちゅう感じのデカールであったが、結構良質。

うーん、雰囲気良いんじゃない。結構気に入ってます。

これでWWⅠのイギリス機の旧作アップは終わりだ!次はフライングサーカス?それともシックなハンガリアン?



RAF SE5A 1/72RODEN




2007.12.12完成

ローデンのイスパノスイザ搭載型。

前作と差を付けたくて、4翔ペラ。

マーキングはデカール粉々!バラバラなんてものじゃなくて粉々!になったので、シリアルのみ。

デカール3キット分ダメになった。最初は個体差かなと思った。2キット目でピクピクしてきた。
3キット目ではマイクロのリキッドフィルムを使ったがそれでも割れやがったあぁぁぁ!おんどりゃあ!なめとんのかい!ぼけ!カス!

しょーがないので、ラウンデルだけヴァイパー型より持ってきて、シリアルはインレタ。

TOKO・ローデンのデカールは今まで何とか貼れてきたが、ここまで粉々になったことはなかった。リキッドフィルム1回塗りでは足りなかったか。ペガサスは1回で良かったのに。トホホのホ。

皆さんも気をつけませう!ちなみに買っていたキットはイスパノ型の出たての頃のものです。



↑このページのトップヘ