オートバイとスポルティーフと模型道楽2

自転車旅行と美味しいものが好き!

カテゴリ: RiverOneスポルティーフ




メンテは続きまする




イメージ 1イメージ 2
Fハブです。走行2,500㎞でデュラグリスでグリスアップしました。
今、7,700㎞ほどなので5,200㎞走った訳ですネ。グリスが水分で随分乳化してますなー


イメージ 3イメージ 4
乳化してても活きてます。玉押しも良好。
ダストシールが組み込まれてて、しっかり作ってあります


イメージ 5イメージ 6
玉受けも良好。玉押し・玉受け・ベアリングはZOIL処理


イメージ 7
デュラグリスてんこ盛り!




イメージ 8イメージ 9
Rハブだす。磁石付きのピックアップツールがあると便利かも。奥に10Sスプロケが順序良く


イメージ 10イメージ 11
前回はガタ0調整でしたが、玉受け・玉押しも虫食いも無くOK! 


イメージ 12イメージ 13
前回やらなかったので、フィリーボディもバラしました。フリーボディは非分解式です。


イメージ 14イメージ 15
フリーボディはクリーニングしてZOIL処理。 ダストシールは向きがあるので注意!


イメージ 16イメージ 17
ムンギュと組みまする


イメージ 18
玉当たりは微ガタ調整
微かにガタを残し、クイックの締め込みガタ0に。





イメージ 19イメージ 20
チェーンも交換時期に。 アルテグラ10Sに交換。


イメージ 21イメージ 22
シマノさんによるとRスプロケ28丁以上だと、最大ギヤ、最小張りで+2駒だそうだす。
接続はミッシングリンク。これは便利でええだす


イメージ 23イメージ 24
アウターロー・インナートップもOK! 使わないけどさ


イメージ 25
チェーンもZOIL! 




イメージ 26
メンテ終了!
スポくんは倉庫で暫し休息  デモンタくんかグリーンくんを引っ張り出してくるかな










イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです







夏ツーも終わったので

掃除を兼ねて気になっていた処のメンテをしました




イメージ 1イメージ 2
HP・下側・・・泥除けがあるので、そんなに汚れないんじゃないのかなと思ってましたが、トホホなことに・・・
7年ほど、ほっぱらかしてました・・・
Fブレーキのシューダスト臭いだす。フォークにも一杯付いてるもんネ。


イメージ 3イメージ 4
玉当たりはそれなり・・・筋が見えますな


イメージ 5
↑ちなみにバリバリの山サイ車・パスハンくんはこんな感じ。
砂噛みまくってここまで削れてまする。
そんでも均一に削れてるのでガタは無いだす
元いちかわの店員・山さんから、オートバイなら交換だろうけど
自転車なら大丈夫だよーと云われて、ずっとそのままだもんネ



イメージ 6イメージ 7
上側はグリスがまだ生きてますな


イメージ 8イメージ 9
それなりですかネ。



イメージ 10イメージ 11
フォーク抜き輪行もこれから多くなると思うので、グリスは最小限にしました。



イメージ 21
ヘッド周り終了!





イメージ 12
あんだけダート走ったのにRタイヤはダメージ無し


イメージ 13
Fタイヤはサイドがちょっと切れてました。
以前、秋鹿大影林道を走った時のダメージが残ってます。
ゴム製品なので経時変化してサイドが劣化してますな。
まだ、使うけどネ


28Cで延々(荒れた処もある)ダートを走り抜いたのはええ経験になりました

(以前にも何度か走ってますが・・・)

32Cや35Cのようには走れないけど(相対的にスピードが遅め)

28Cでもあんなダートを走れるんだ・・・と自信が付きました





イメージ 14
スポくんのアウターは50丁なんですが、前から48丁にしようと思ってました。
そもそもアウターは下りの時オンリーだし
50×11のトップ×トップは数えるくらいしか踏んだことないですなー
48丁にしてもっと使い易くしたいと思ってました。


イメージ 15
50丁はいちかわの社長がセッティングしたのですが
FDのロー側がスポークガードにギリギリなので
FDをベスト位置にセッティングすると必然的に50丁になるようです。


イメージ 16
↑このくらい。


イメージ 17イメージ 18
48×36×28になりました。
48×38×28のほうが綺麗でせうが、PCD110で38(同じタイプ)は無いんだよネ。
46・26にすれば10丁飛びで揃うけど、FDがアルテグラのままじゃ使えないなー。
いろいろ面倒臭いだす~


イメージ 19イメージ 20
上下のクリアランスは↑な感じ。問題無く変速します



イメージ 22
交換終了!





メンテはまだ続くのじゃ~









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです








フォーク抜き輪行で

新幹線特急最後部座席裏に置くと・・・




イメージ 1
MAXとき1階OK!  座席は一番倒してまする。
↑のテーブルが邪魔で前後車輪外し縦型(以下縦型)ではハンドルがつっかえてダメだす


イメージ 2
MAXときは折り畳み式でしたワイ。 これなら縦型でも大丈夫かな




イメージ 3
特急いなほOK!  座席は一番倒してまする。
テーブルは折り畳めないだす。縦型はダメじゃな




イメージ 4
やまびこOK!  座席は一番倒してまする。





フォーク抜き輪行のコンパクトさは実にええです

人さまに迷惑を掛けない輪行方法としてはベストでせうか

デッキに置く場合もコンパクトで邪魔になり辛いと思いまする。

精神衛生上、気が楽だしネ。

以前、縦型輪行の際、途中から車両が混んで「邪魔だなぁ~!」と露骨に厭味を云われたことがありますだ
(最後尾に乗ったのですが最後部もシートで置くスペースが無く、シート脇に置いたのです)
↑そりゃ、混んだら邪魔だわねぇ。




縦型だと普通列車などでは先頭最後尾の車両に置くようにしてますが

フォーク抜き輪行なら途中の車両でもシート脇に置けそうです

先頭・最後尾車両まで歩くのも大変・・・。




難点は縦型よりも時間が掛かることですが

20~30分も余計に掛かる訳じゃないし

自分の楽さよりも人さまの快適さを優先した方がええかも。

縦型は新幹線のデッキに縦型で置いても、我ながら邪魔だなぁ・・・と思うもんなぁ




エルゴやSTI使用の場合や、輪行ヘッドじゃ無いと

フォーク抜き輪行は出来ないのはしょーがないけど

ケースバイケースフォーク抜き輪行を増やそうかなと思いました。

ほんまに気が楽なんだもんなー




ただ、フォーク抜きだろうが縦型だろうが重いねぇ・・・

歳取ったら輪行キャスターですかネ。









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです








普段、輪行する時は前後車輪外し縦型輪行です




前後車輪外し縦型輪行

輪行時間が比較的短く、かつ、まあまあコンパクトになる

等の理由からしているのですが

唯一の弱点が新幹線特急輪行なのであります




今は(出来る限り)えきねっとで車両最後部の座席を指定手配していますが

車両最後方・座席の後ろスペースに置けない場合があるのであります

(折り畳めない)小さなテーブルがある場合が多く

うちの自転車だとテーブルにハンドルがつっかえてしまうのでありました

長野新幹線はスキー板等の収納スペースでOK!




ですからデッキ部分に置くのですが

フレームサイズ600㎜は大きく

邪魔だよなぁ・・・申し訳ないなぁ・・・と内心思っていたのでした

数年前の弘西林道ツーの帰り、お盆時期に重なったこともあり
デッキにも人が溢れかえる新幹線の中に
比較的コンパクトとは云え縦型輪行で乗りこむことは出来ませんでした。
フォーク抜き輪行に切り替え、最後部座席の方に断って
後ろスペースに置かせてもらったのであります




日帰りだと輪行時間が短い方がベターですので縦型輪行で構わないと思うのですが

宿泊ツーの場合はフォーク抜き輪行の方が周りの迷惑を考えると良いと思われます。

酷い輪行を何度も見ましたが、その神経に開いた口が塞がりませんネ




今回のツーリングでは小型車両山形新幹線を使う可能性も高いので

フォーク抜き輪行にすることにしました






イメージ 1
かなり小さくなりますが、時間はそれなりに掛かりますねぇ
縦型輪行だと込み込みで15分くらいでせうか。



イメージ 2
左は縦型用のL100、右はオオマエジムショさんのフォーク抜き輪行用。
かなり小さいです。620㎜くらいまでOKのようです。
フォーク抜き用の輪行袋が大きく・重いってのも敬遠してきた一因ですな




イメージ 3イメージ 4
随分と小さく感じます。縦型の2/3くらいでせうか。




フォーク抜き輪行は時間が掛かるのが難点でせうか。

「次の列車まで2時間か・・・まあ、のんびりやるさ・・・」

「今日中に帰ればいいんだからな・・・ 」

くらいの余裕が無いとイカンかも知れませんネ



さあ、明日からツーリングじゃな









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです







イメージ 1
週末のツーリングに備えてRタイヤを交換しました。
まだ走れそうですが、地道を走る予定なので念のため早めに交換



イメージ 2
パナレーサー・パセラ 700×28C 8W728-LX-18


イメージ 3
出来た!



イメージ 4
Fはもうちょっと行けそうです





備忘録

R1本目 パナ・ツアラー 28C
R2本目 パナ・ツアラー 26C
R3本目 パナ・パセラ 28C

R4本目 パナ・パセラ 28C
(7461キロで交換)








イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです




↑このページのトップヘ