イメージ 1


イメージ 2
グリーンくんで出撃じゃ!


2~3日と連休を取って東頸城丘陵・魚沼丘陵を走って来ました

頸城方面はもう6回目なんだね


獲得標高1200mくらいなんだけど、最近はゆるゆるコースばかりだったので
最後の方は脚に来てたかなぁ・・・売り切れはしなかったけどさ。
自転車は地脚が無いと楽しめないのも確かだネ






イメージ 3イメージ 4
イメージ 5イメージ 6
 いつもの新幹線、いつものほくほく線でまつだいへ   ほくほく線の車窓風景は何度見てもええもんじゃなぁ




イメージ 7イメージ 8
まつだい駅から芝峠へ向けて裏道走り・・・早速、棚田のお出迎え


イメージ 9
陰影がええネ


イメージ 10
魚沼丘陵や越後山脈が見えました


イメージ 11
芝峠からの見晴らし~~! 
芝峠はなかなか見晴らしがええで   芝峠温泉からの雲海も良さそうじゃな





イメージ 12イメージ 13
イメージ 14イメージ 15
イメージ 17イメージ 18
道々の花々が目を慰めてくれますなー


イメージ 16
ブナの森もね・・・


イメージ 19
何だか不思議なオブジェ


イメージ 20
目の前のお山は黒姫山じゃな
ここで地元の方と暫し話したのですが、20年前には40人だった集落の人数が今は10人ほどに・・・
若者は皆無で、跡継ぎたちも独身でもう高齢に成っており、もう10年もすれば集落自体無くなるかも・・・と。
写真の左手には耕作放棄された棚田があったのですが、もう高齢で耕作できず一昨年で止めたそーです。
話をしたご夫婦も止めたそーです。この先の集落は7軒しか残っていないそーです。
もう、10~20年するとこの棚田も消滅してるかも・・・限界集落・・・日本のリアルな一面を垣間見ました




イメージ 22


イメージ 21
それでも、無責任な旅人はこの景色に癒されちゃうのも事実なのです


イメージ 23イメージ 24
イメージ 25イメージ 26


イメージ 27




芝峠からr219を下り、R252に分岐。

R252大沢の集落からr56へ分岐、大沢峠・榎峠を目指しまする





イメージ 29
山奥にも棚田


イメージ 28
大沢峠到着!  滝汗


イメージ 30
なかなかに山は深し


イメージ 43
日向は暑いですが木陰に入れば涼しい~
ブナの樹が曲がっているのは雪の重みのせいかな


イメージ 31
榎峠のお地蔵様


イメージ 32
r56は一応県道なのですが暫し地道に・・・


イメージ 33
棚田の作業道みたいだなー


イメージ 45イメージ 44イメージ 34イメージ 46
しかし、まあ、よくこんな処まで棚田を拓いたもんだ。維持も管理も大変だろうなぁ


イメージ 35
r56から小白倉の集落でR403へ分岐。
小白倉は「美しい日本のむら景観コンテスト」で最高賞である農林水産大臣賞を受賞したそーだす




R403からR252へ分岐。

R252から坪山峠を目指し分岐





イメージ 36
その途中に素敵なため池・・・棚田にため池があるのは何故なのかしら?
補水用なのかな?ため池がある棚田って割かし見かけるんだけど。
家の脇にため池ってのも良く見るなぁ   何用なのかしら?


イメージ 37
こんな景色が好き・・・


イメージ 38
脚力が落ちたなぁ・・・と思いつつも坪山峠到着!


イメージ 39イメージ 40
峠をピュ~ッと下り、信濃川を渡れば十日町




早目の投宿でした


芝峠は残雪残る5月初旬~中旬がええかもネ。

見晴らしがきっとええで

うちの5月は大口案件が立て込んでるからなー

気分的にそれが終わらないと宿泊ツーに行き辛いんだよなー・・・トホホ。








一日目走行59.50キロ









イメージ 1
ポチッとしていただけると嬉しいです








おまけ


一泊朝食付き 5,940円
洗濯OK!  トロン温泉24時間
若い夫婦がされてます~
リニューアルされたからか小綺麗でしたよん


イメージ 42
朝食じゃ