イメージ 1
 
 
 
小熊黒沢林道
 
シクロツーリストの聖地
 
そう云う方も多い
 
 
 
自身3度目の訪問になる
 
 
 
始めは数年前の5月 残雪残る快晴の日に
 
何と素晴らしい処かと感動し
 
よりシクロツーリズムに魅せられた 
 
そして
 
その年の秋  再訪した
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
銀輪に乗り出したのが遅く
 
行きたい処が沢山ある
 
 
 
そのため同じ処を再訪するよりも
 
まだ見ぬ土地へ 見知らぬ峠へと
 
こころは走る
 
 
 
しかし
 
 小熊黒沢林道は何度でも行きたくなる
 
春に 秋に
 
その折々の風景の中に
 
信州の清浄な気の中に
 
日本の美を感じに行きたくなる
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
は錦秋に彩られ
 
空は真っ青だ
 
遠方にたおやかな山々が重なる
 
期待感に胸が高まる
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
輪友と共にローギヤで勾配を登って行く
 
季節の色が深くなり
 
額には汗が吹き出す
 
クマ鈴の音が紅葉のトンネルに響く
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
登るほどに秋が深まり・・・
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
唐松の黄葉の彼方に山里が
 
その向こうに峯々が見える
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
小熊黒沢林道の魅力のひとつは
 
時おり姿を見せる北アルプスの遠景であろうか
 
 
 
紅葉の中を走り続けると
 
樹々が切れた空間から
 
北アルプスの峯々が時おり顔を見せる
 
そしてまた
 
その顔つきが変わって行く
 
 
 
 
 
イメージ 9
  
 
紅葉の道行き
 
頭上には真っ青な空
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
 
日の光を浴びて燃え上がる秋・・・
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
日の本の美がそこにある
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
それぞれの時間を生き
 
それぞれの生活を過ごす
 
その一時
 
お互いの人生が交錯する
 
 
 
銀輪を縁に
 
魔法の時間を共に過ごす
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
微笑みが絶えず
  
充足感に包まれ
 
感動を共有することで
 
さらに感動が大きくなる
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
そして言葉は無くなる
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
さあ 下ろうか・・・
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
こころが空っぽになり
 
暖かいもので満たされている
 
そして
 
それは感謝の言の葉となって溢れでる 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
 
イメージ 19
 
 
 
素晴らしい風景だった
 
素晴らしい道だった
 
 
 
こころが癒され 
 
活力が湧いてくる
 
 
 
やはり
 
小熊黒沢林道は
 
シクロツーリストの聖地なのだろう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2011.5.14 
 
 
2011.10.27
 
 
 
ルートラボ 
 10時過ぎに出発・2時過ぎに終了でした
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 https://cycle.blogmura.com/ranking_out.html" target="_blank にほんブログ村 自転車ブログ