うちには今700Cの自転車が4台あります
 
皆、峠越えを中心としたツーリングに使ってまする。
 
その内訳はと申しますと・・・
 
 
 
 
イメージ 1
 
River One スポルティーフ
 
700×28C
舗装路+αで地道林道
 
 
日帰りツーからロングツーまでこなす河っちの主力機
輪行もガンガンです。
ギヤレシオから見ると700Cツーリングですな。
 
 
駆動系は現行シマノアルテグラです。
10Sはとにかく走るのが楽チンです
ワイドレシオかつクロスレシオですからネ~!
 
 
パーツの信頼性も高いし・・・。
オールマイティのスペードのエースですな。
 
 
柔らかめのフレームなのでツーにピッタリ。
んが、ファストラン向きではないですにゃ~~
 
 
舗装路中心で走って突然の地道でもOKちゅ~感じでせうか。
 
 
カンチブレーキの効きがちょい甘いかな。
 
 
バリバリ実用車です美しさ!っちゅ~と今二ですねぇ
お蔭さまで河っちもチットは目が肥えたかな~。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
TOEI700Cランドナー
 
700×32C
舗装路+地道林道 (カーサイ用かな?)
なんですが・・・
 
 
うちの自転車のフラッグシップですな
自転車でもフラッグシップと云うのかは知りませんが・・・。
 
 
初ツーリングのしらびそ峠ツーでマキシカハブが舐めたっちゅ~過去が・・・
他の自転車は数多の峠を越えているのに赤石峠1箇所しか越えてましぇ~ん!
 
 
マキシカハブは修理も終わりましたが今一出番が少なくてポタ車になってまする。
 
 
ガンガン走ればええのですが、Fバックの容量がちょっと少なく
ピカピカなため輪行する勇気が・・・
そのため「盆栽」「床の間自転車」化しつつあるような気が・・・
 
 
カーサイで連れ出して走るのが一番でせうけど
河っちは車を持って無いのでした
 
 
んが美しさは一番!
オーラが他の自転車とは違うのでありました
 
 
VPで組んでおり駆動系はサンプレSLJです。
乗り味はええですなぁ
 
 
 後日「盆栽」「床の間自転車」は脱出しました~~!
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
Royal Norton ランドナー
 
700×32C
舗装路+地道林道
 
 
オクで入手しました
 
 
出先に地道があると分かっている時は出撃です
主に1泊以上のツーで使います。
 
 
河っち的には地道は32CでOKです。
犬印のFバック&サドルバックで荷物も沢山積めますしネ
 
 
駆動系はユーレーズベルトですがこの変速機は味わい深いですねぇ
変速機の引きを楽しむ・・・っちゅ~のが分かります。
オートバイの旧車に通ずるものがありまする
 
 
ツーリングにはユーレーの方が河っち的には好きかも
サンプレSLJは今のと遜色無いと思いまする。
 
 
引きを楽しみながら走った信州ツーはほんまにえかった・・・。
気兼ねしないで乗れる実用車なのも大きな利点でせうか。
 
 
自分のオーダーでは無いのでここはこうした方が・・・ってのは有りますネ。
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
TOEIパスハンター
 
700×35C
地道林道+山サイ
 
 
これまたオクで入手
↑のNortonランドナーと同じ方の出品です。
 
 
日帰りかせいぜい1泊ツーで使ってまする
地道・山サイに特化してます。
 
 
局地戦闘機みたいな使い方ですネ。
越えた峠の数の割には距離が伸びてませんねぇ。
 
 
MTBに比べれば走行性能はトホホですが
パスハンのフォルムが河っちは好きなのでした
 風景に溶け込んでいると思いませんかぁ~!
 
 
駆動系はサンツアーです。
 
 
 
 
 
 
以上ですが皆低中速車なんですよネ~。
 
おまけに最近は輪行ツーが多いので距離も短めかも・・・
 
 
 
 
 
んで、今度はファストラン&ロングライドをメインに考えました
 
 
「ロードに泥除け」っちゅ~感じですネ!
 
 
河っちはツーリング車のフォルムが好きなのでロードにはしませんでした。
ロードならカーボンでもええのでは~と思ってまする。
 
 
パーツは現行シマノ・サンプレ・ユーレー・サンツアーと来れば
 
やっぱ カンパ でせう!
 
 
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
 
カンパメイン現在入手可能なパーツで組む予定です。
 
 
フレームはもう作り始めたそうで~す!
 
 
 
楽しみじゃなぁ
 
 
 
 
 
https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村 自転車ブログへ(文字をクリック)