イメージ 1キャブクリーナー浸けにして一晩経ちました・・・。
 
 
右ヘッドは良好ですネ
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4左ヘッドにはデトネーション(異常燃焼)の跡が・・・
 
45年くらいの車歴がありますから・・・。
 
どんなオーナー達に可愛がられてきたのでせうか・・・。
 
良く生き残ったものです。
 
河っちの知る限りT20・T21の現存は日本国内に10台くらいでせうか・・・。
 
イメージ 5
まだ見ぬ車両もあると思いますが、2STはブン回されて終わる車両が多いですネ
 
 
クランキングしてピストンを動かし、馴染んだところでボルトを締めこみます。
 
 
トルク管理を忘れずに・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6マンションのポーチでの作業は終わって、駐輪場に移動です。
 
 
ガレージが欲しいですにゃ~~
 
 
エンジン載りました
 
 
 
 
 
 
イメージ 7欠けてしまったクラッチハウジング・・・
 
井○ボーリングさんでも修理不可能・・・
 
何件か当たってみましたが、色よい返事はありませんでした・・・
 
そのまま使いまする。
 
一箇所くらい欠けていても大丈夫だい!
 
多分・・・。
イメージ 8クラッチハウジングのガタをチェックしてみると・・・あちゃぁ、ガタがあります。
 
このガタがジャダー音の原因です
 
このハウジングはNOSもんで、まだ走行2,000キロくらいでせうか。
 
ガタの無い新品状態のときはジャダー音はしませんでしたが、暫くするとジャダー音が出てました。走ってガタが生じるにつれジャダー音が出たのでせう。イメージ 9
元々装着されていたクラッチハウジングもあるので、いざとなったらカシメ直して使えばええです
 
 
欠けたハウジングが削られていたので、念のためフリクションプレートとクラッチプレートを洗浄&ZOILスプレーです。
 
 
 
 
 
イメージ 10何でクラッチの固定ネジが緩んだのかにゃ~~  って思ってました・・・。
 
5×20ミリで固定されていたのですが、慎重に締めこんでみると、ちょうど20ミリくらいで底着きします・・・
 
前回締めこんだ状態と底着き状態が丁度同じくらいだったのでせう・・・。
 
締めこんだと思っていたのが実際は底着きしていたようです・・・。
 
イメージ 11実際に締めこまれていたネジもあり、そのネジは緩まなかったようです。
 
河っちのオートバイ歴の中でネジ・ボルトの組み付け不良はほとんど無いんです・・・。
 
微妙な塩梅ですねぇ。
 
今回は5×15ミリ&ネジロック中強度で固定しました。
 
 
 
 
イメージ 2オイルポンプも付きました。
 
 
エア抜きしておきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
何度か組んでいるので樹脂製のデリバリーパイプがヤバそうな・・・。
 
 
無理やりひんまげて組んでいるので・・・白くなってまする。
 
 
エア噛みは無いと思いますが・・・
 
 
いざとなったら白いところでぶった切って作り直せばええですけど。
イメージ 12
 
カーボンが溜まった右エキパイ。
 
 
掃除したらこんなに出てきました・・・  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13午前中に1.5ℓ補給しておきました。
 
 
お漏らしも大丈夫のようです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15右側はほぼ終わりです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
左側はもう一歩でした  
 
 
3時過ぎには夕方ですからねぇ・・・。
 
 
後、一日あれば終わりそうです。
 
 
明日もいじいじしたいにゃ~~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://cycle.blogmura.com/ にほんブログ村 自転車ブログへ(文字をクリック)