オートバイとスポルティーフと模型道楽2

自転車旅行と美味しいものが好き!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

2004.12.8完成。

TOKOのジーメンスは ARGUSBOOKSの AIRCRAFT OF WWⅠ VOLUME3 の図面がネタ元のようで、図面にピッタリ。ARGUSBOOKSの AIRCRAFT OF WWⅠはいろいろな初期の頃のWWⅠのモデルのネタ元になっているようだ。河っちは1・3は持っているが2を持っていない。ちょっと残念。

ちなみにウインドソックの図面には合いません。トホホ。

パルトのエッチングを使用。特徴的なスピナーはTOKOのアルバトロスより流用加工。カバネ支柱は長すぎ。(図面の通り!)一度組んでから気づいた。ちょん切った。下翼と迎え角が違ってしまったので、エルロン加工して誤魔化している。下翼も取付位置が曖昧。

塗りはお馴染みのウーデット。ローゼンジはイーグルストライク。LOのLの字がちょっと違うのは貼ってから気づいた。河っちは赤は結構殺して使います。鮮やかすぎると、72だとおもちゃっぽくなる感じがするので。でも、暗すぎじゃないとも言われます。まあ、人それぞれ好きな色を塗りませう。

結構気に入っています。

次は青白のDⅣがやりたいなあ。

お昼ごろ宅急便到着。早速開封。



イメージ 1
送り主はじゅんさま。開けてみると・・・。



イメージ 2
おおっ!とっても綺麗なAS1のマフラーだ!じゅんさまが磨いてくださったのだ!くうーっ!ありがたや、ありがたや!ありがたや音頭で舞い踊り!



イメージ 3

イメージ 4
綺麗ですねえ!美しいですねえ!ピカピカですねえ!とてもうん十年前のものとは思えません。



イメージ 5
おっ!よく見るとバッフルがうちのとちょと違うぞ・・・。バッフルがプラスビスで止まってる。???



イメージ 6

イメージ 7
で、外してみた。ふ~ん、バッフルに雌ネジが切ってあって、プラスビスで固定されるんだ。うちのはバッフルに雄ネジが切ってあってナットで固定するタイプだ。おまけに消音財が巻いてあるぞ!そうか巻いてあったのか。知らなかった。うちのはそんまんまだったので結構うるさかったのね・・・。

すくなくともAS1のマフラーは2種類あるのだね。AS1のポイントは132番台と183番台の2種類あるからな。細かい変更とかはあるのだろうな。このマフラーCS1とかにも着くのかな?


じゅんさま感謝感激雨あられでございます。誠にありがとうございました。

こりゃあAS1もピカピカレストアしたくなるっちゅうもんだ!

AS1・HS1のポイント調整のご紹介でーす。


イメージ 1
まず、河っちはプラグをはずします。人によっては2・3速にミッションを入れて後輪回して、Fマーク(ファイヤマーク)に合わせる場合もあります。



イメージ 2
ポイントギャップ(ポイントの隙間)を合わせます。Fマーク過ぎてポイントが一番広がった場所です。0.3~0.35ミリ(サービスマニュアル以下SM による)くらいかな。シックネスゲージを使いましたが、昔は名刺なんぞでやったもんです。
ポイント面が荒れていたらダイヤモンドヤスリや紙ヤスリなんぞで面を修正しませう。脱脂を忘れずに。
ちなみにシックネスゲージが入っている方が、左シリンダーのポイントです。

河っちはメンテが楽なので、チェンジペダル・左クランクケースカバーをはずしてます。



イメージ 3
左ポイントのFマークです。赤い線が向かい合っているところです。ここが上死点直前です。SMによると点火時期は上死点前1.8±0.1ミリです。プラグホールにダイヤルゲージをセットして正確に測る人もいます。
Fマークに合ったときポイントが開き始めれば良い訳です。
開き始めはタイミングライトで判定します。昔は目視で出来ましたが、もう老眼でよく見えません。トホホ。



イメージ 4
まだポイントは開きません。



イメージ 5
Fマークでタイミングライトが点きます。左はOKです。タイミングの調整はポイントベースの-ネジを緩めて、ベースを動かして調整します。



イメージ 10
右シリンダーのポイントのFマークは、180度ずれています。分かるかな?


イメージ 9
タイミングライトはプラスのクリップをヒールのついたポイントへ噛ませ、マイナスはボディのどこでも噛ませれば良いです。



イメージ 6
タイミングライトが点きました。右もOKです。カムには薄くグリスを塗りませうね。


これで終了です。簡単でしょ!

河っちは出先で点火時期が狂い、キャブへの吹き返しとバックファイヤーでどうにもならず、直そうにも老眼でよく見えず、おまけに夕方で暗くなってきてなお見えず、結局直しきれずに片肺で150キロ走って帰ったことがあります。20キロくらいしかでないし、プラグ3本かぶって死にました。予備プラグは必需品ですね!まあ旧車に乗っていれば、ヘッポコ話は数知れず。片肺でも走れますねノロノロと。

そういえば30年位前、W3片肺で愛媛の三国峠(それも雪道!)越えたっけなあ・・・。あの頃は若かったのね。



イメージ 7
タイミングライトはウインカーの廃物利用です。ウインカーの玉の予備にもなります。



イメージ 8
使った工具です。±のドライバー・10ミリのコンビ(チェンジペダルはずしに使用。)・12ミリボックス(カムをまわすのに使用。-ドライバーでもOK。)・シックネスゲージ・プラグレンチ。あとポイントギャップの調整に8ミリスパナが必要でーす。忘れてました。メンゴ。



イメージ 11
こんな感じでメンテしています。

↑このページのトップヘ